遂にハッピーメールで出会えた!前編

ハッピーメールに登録して9日目。

この日にとうとう女の子とセックスをしてしまうことになりました。

実際は0時を回っているので次の日なんですが、出会ったの9日目なのです。てな理由でタイトルは9日目でヤレた軌跡にしたんです。

2日前のカラオケ逃げられ事件、昨日の何やってもダメな日と続いていたので、気持ちは若干落ち気味。

半ば出会いに諦めていたのですが、仕事が休みですることもなく惰性でハッピーメールにインをしました。

結果的にはそれが良かったのかもしれません。

数年ぶりに素人とするセックスの気持ちよさは格別でした!

なんとなくハッピーメールにイン

夕方に起きてからシャワーに入り、コーヒーを飲んでタバコをプカプカ。

ボーっとテレビを見たりしてるうちに、時間は夜に。腹が減ったのでカップラーメンを食べてマッタリ。

面白いテレビもないので段々とヒマになっていく感覚が強くなってきました。

スマホを手に取ると、自然とハッピーメールにログイン。

掲示板に書き込んで、女性の書き込みをチェックしました。

スマホはアダルト関連はすべて禁止となるので、よりピュアな普通の出会いを求めている女の子の比率が高いです。

まぁその中でも言葉巧みにアダルト募集している子もいます。パパ活とか援助交際をしている子たちですね。あとは業者。

PCだともっとその数が増えます。

この日はスマホでずっとやっていたのでピュア掲示板で女の子を探していました。

1人の女の子からアプローチがきた

掲示板の書き込みやプロフィール検索などをして何人かの女性にメッセージを送ったのですが、良さそうな返信は0。

頭の中で、やっぱこんなもんかなーと半ば諦め気味だったときに1人の女性から返信がきました。

自分が書き込んだ掲示板に対する返信でした。

「プロフ見て優しそうだからメッセしました。私もヒマしてます」

このような内容だったでしょうか。

「えっ?良かったです。気に入ってもらって!〇〇さんのプロフもステキですね」

と返信をしてから数回やり取りをしました。

この女性ですが、レスの速度も早いし、案外俺のことを気にいってる?

そう思うと気分が良くなってきました。でも前回の反省があるからクールを心がけてました。

ライブ後でヒマにしている

ここで分かったことは、彼女は某アイドルのライブに行ってきたそうです。

友達とは現地で解散したとのこと。

明日は仕事が休みだし、このまま帰るのも寂しいなと思ってハッピーメールをしたみたいです。

ライブを見てテンションが上がっていたんでしょうね。これは確実に自分にビッグウエーブが来てる!

あまりダラダラとメッセージのやり取りをしていても他の男性に取られるかもしれない…。

「自分も〇〇のアイドル好きだよ。かっこいいよね?ライブとか行ったことないから気になるわー。せっかくなら居酒屋とかでも行かない?詳しく教えてよ」

と送ると、

「うんいいよ」

と彼女。

ダメ元で迎えに行くことにした

待ち合わせ場所は自分の住んでいる都市の繁華街。

向こうは電車で20分ほどの距離。自分も電車で20分ほど。

起きてシャワーも入ったのですぐに向かうことにしました。

テンションが上がっているのですが、どうせ今日も会えないとかだろうなという気分でした。相手女性の画像は不明なので、それも不安要素でした。

マッチングサイトで会うのって結構ギャンブル要素が高いですよね(笑)

待ち合わせ場所の駅改札口で緊張して待っていると一人の女性がこちらに近づいてきました。

出会った結果

目の前に現れた彼女は少しはにかんだような表情で「○〇さん?」と言いました。自分は「うん。〇〇ちゃん?」とオウム返しをしたのです。

サキの基本情報

名前はサキ。年齢は24歳で仕事は販売業。顔はまぁまぁ可愛いくて芸能人で言うと鈴木奈々っぽい雰囲気。身長は160センチぐらいで体重は普通。胸の大きさも普通。

このサキの基本情報で分かる通り、大当たりです。二日前にカラオケで逃げられた子より可愛い!

「こんなおっさんでいいの?イヤなら無理して付き合わなくてもいいよ?」

と言うと、

「全然大丈夫!優しそうで良かった」

とサキ。

このとき、神さまっているんですね!そう思いました(笑)

少し立ち話をしてから、日頃は行かないオシャレな居酒屋に行きました。もちろん参考にしたのは食べログ。

居酒屋に到着してお互いビールを注文。

目の前にいるサキは鈴木奈々っぽくてホント可愛い。なかなかの高レベルだと思いました。

さすがに緊張しました。

居酒屋でじょじょに打ち解けていく二人

2人きりで若いこと話すなんてほんとないですから、緊張しまくり。

お酒の力を借りないと話すことが無理でした。家で少し飲んでくれば良かったとちょっと後悔。

ビールを立て続けに2杯飲んでやっとほんのり酔ってきました。

席についてから30分ほどでなんとかぎこちないですが会話ができるようになったのです。

前回の失敗があるので、とにかく聞き役に徹してセクハラをしないことに努めました。

彼女は某アイドルのライブ話でテンションが上がっていました。ぶっちゃけ、自分はそのアイドルに興味がないので退屈でしたが、これもセックスのためと耐え忍んでいました。

で、気が付けば居酒屋に2時間ほどいました。

彼女も少し酔ってきたようでした。